明治の中島物産
明治中期の青刻昆布の切断機・全貌を示す写真

明治中期頃の青刻昆布の製造に当時としてわ画期的な蒸気の力で、切断機を動かす方法が、中島政次郎によって、提案されたと大阪昆布商工同業会の65年のあゆみに記録されている。
 切断機の発明者である中島政次郎は、現在の(有)中島物産
(中島義美社長、本社西宮市今津巽町)の2代目に当たる。弊社は中島伊八が万延元年(1860年)に昆布加工業を大阪上本町において創業したのが始まりである

中島物産の二代目が発案

中島政次郎によって発明された蒸気駆動による青刻昆布の切断機(明治中期) 得意満面の操作担当者と服装に注目

この画期的な切断機が発明された頃の刻昆布業者は43名を数えていた、と伝えられている。記録によると、この機械は青刻昆布の製造に新機軸を出したが、業者や職工達の反感をかい、やむなく工場を兵庫県今津に移した。これは、いかにこの機械の発明が斬新であったかを物語っている。
当時、青昆布に従事する150名は、切り手組を組織して機械化に反対いしたが、時の流れには勝てず機械化の普及と共に、解散したといわれている。

昆布の選別の状況(爽雑物の除去を人の手で行っている。)
女工さんの丸髷や男の子の服装に注目

トップページ

Nakajima Bussan Ltd.